ガスコンロの交換はここ!おすすめ業者ランキング

総合ランキング

棟梁ドットコム
オススメ度★★★★★
サンリフレ
オススメ度★★★★☆
住設.com
オススメ度★★★★☆

ホーム > 業者を選ぶコツ > ガスとIHのメリット・デメリット

ガスとIHのメリット・デメリット

現在の台所で使用するコンロはガスとIHの2種類がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。そのため自分にとってどちらが得策かをよく考えて選択しないとなりません。
まずはIHに対してのメリットは、ガスを使わないのでそれによる空気汚染の心配が激減するということです。ガスを使わないことで調理中の換気不足による一酸化炭素中毒死などの可能性がなくなることになります。
次はIHは電気を使用しているために火そのものが発生しないということです。火そのものが発生しないことで下手をして何かにすぐ燃え移って火災という可能性を減らすことができます。3つ目はガスそのものを使わないために、ガスの契約をしないで済むことです。
そのためにライフラインは水道と電気だけでシンプルに構成することが可能となります。そして4つ目はコンロの掃除がやりやすいことにあります。ガスコンロのように五徳がないために、全部がフラットなために清掃が容易になります。そして5番目は全国どこでも使用可能なことです。
ガスは都市ガスとプロパンがあり、都市ガス用をそのままプロパンで使用はできません。またその逆も成り立ちます。そのため使用するには部品改造を行わないとなりません。

一方でIHにはデメリットも存在します。まず1つ目は調理できる道具が限られることです。調理するにはIH対応の道具でなければならず、なければすべてを買い替えないとなりません。次は調理中に道具をコンロから離してはならない点です。中華のようにフライパンをゆすったりなどことができません。
それをすると少しでも調理器具がコンロから離れるために熱が伝わらなくなるからです。3つ目は電気使用なので停電中は全く使えないことになります。
そして4つ目はコンロの近くにコンロ用の電源が確保されていないとなりません。なければリフォーム工事などで電源確保のための工事費が要ります。そして5つ目はコンロ自体の価格が割高傾向になります。

一方でガスコンロの場合のメリットは停電中でもガスが開通していれば使用可能なことにあります。
そして調理器具の材質を選ばずして幅広く使用が可能となります。IHだと中華鍋、土鍋や耐熱ガラスやアルミや銅は適さないことになり、使用ができません。そして3つ目はガスコンロは五徳があるために、天板自体がIHに比べると比較的守られているということです。
というのは五徳があるとそれ自体の掃除の手間がかかるというデメリットがあります。しかしこれの上に調理器具を乗せてるため、天板との接触がほとんどなく、キズが発生しにくくなります。一方でIHはこの天板の上に毎回直接調理器具を乗せるため、使い方次第ではキズが発生しやすくなります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP