ガスコンロの交換はここ!おすすめ業者ランキング

総合ランキング

棟梁ドットコム
オススメ度★★★★★
サンリフレ
オススメ度★★★★☆
住設.com
オススメ度★★★★☆

ホーム > 業者を選ぶコツ > ガスコンロの使いやすさと広さの重要性

ガスコンロの使いやすさと広さの重要性

キッチンで利用する備品としては冷蔵庫やガスコンロ、食器洗い機、冷凍庫などいろいろありますが、キッチンの選び方のポイントとしては、広さがあります。
都会のマンションなどではコンパクトにできているので、引越しのために賃貸物件などを選ぶ場合に、何もないところを見学して選びますので、引越しの時に冷蔵庫などを搬入した後になって狭さを実感したりします。
ガスコンロなども設置しようとしたら狭すぎたりして使いにくかったということも体験しますし、それらの台所で使う設備を入れたら動きが取れなくなったという場合もあります。
酷い場合には、キッチンに入れることができずに他の部屋に冷蔵庫などを置くことになったという話もあります。
浄水器などが設置できなあかったり、狭すぎて料理がしにくかったりもします。
ガスコンロは料理に使う場合、火を使うので危険もあります。
ですので広さを十分注意して利用する必要があります。



ガスコンロのお掃除はこまめに行うのがポイントです

キッチンの中でもガスコンロの周りは最もお掃除が大変な部分ですよね。
油が飛び散っていて、気がつくとべたべたギトギトになっていることが多いです。
年末の大掃除のときに、毎年苦労しているという方も多いでしょう。
ガスコンロをキレイにキープするには一体どうしたら良いのでしょう。
それはやっぱりこまめなミニ掃除です。
毎日使うたびに、飛び散った油汚れをふき取るようにします。
たったこれだけとおもうかもしれませんが、油汚れの掃除が大変なのは汚れが積み重なっているからです。
汚れたらすぐに拭きとる、これを続けていけば汚れが積み重なることはなくなりますよね。
ガスコンロの上に換気扇がある場合は、換気扇から油が垂れてくることもあります。
換気扇には、フィルターの部分に使い捨てのカバーをつけて定期的に交換するようにしましょう。



ガスコンロは形状と使用ガスで2つに分類される

ガスコンロはガスで火を出して調理するための機器となります。
そのコンロには形状としてはテーブル式とビルトイン式の2つに分類することができます。
かつてのキッチンはテーブル式コンロを置くことを前提に設計されていましたが、今頃の新築住宅あるいはリフォームの際に搬入されているシステムキッチンではビルトイン式コンロを置くように設計されています。
そのためテーブル式コンロを置くことを前提としてるところへビルトイン式コンロを置くことも、逆にビルトイン式コンロを置くことを前提としているところへテーブル式コンロを置くことは事実上難しくなります。
このガスコンロはもう1つの分類として使用ガスによる分類があります。
すなわちプロパンガスか都市ガスかの選択となります。
プロパンガス使用地域ではプロパンガス用を使用しないとならないし、都市ガス使用地域では都市ガス用のコンロを使用しないとなりません。
そのため引っ越して、引っ越し先が違うガスを使用していた場合は買いなおすあるいは既存のコントを部品改造するなどして対応しないとなりません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP